So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

東北新幹線「はやぶさ」、目玉は?

今年12月4日、東北新幹線が新青森駅まで延伸する。82年に大宮―盛岡間で部分開業して以来、28年ぶりの全線開通だ。
新青森駅まで最も早く到着する列車として、2011年3月に登場するのが新型車両のE5系を用いる、はやぶさだ。営業速度は、導入時こそ時速300kmだが、2012年度末には国内最速の時速320kmを予定。東京―新青森間を約3時間5分で結ぶ。新幹線の営業最高速度上昇は実に15年ぶりだ。

 はやぶさの最大の目玉となるのが、グリーン車よりさらに上のクラスの座席となる「グランクラス」を10号車に設定したこと。同じ先頭車両を使う、普通車のシート数が29席のところを、18席に絞った。床にはウールのカーペットを敷き、LEDの間接照明を備える。座席も飛行機の上位クラスなどに用いられるバックシェルタイプを新幹線として初めて採用するなど、豪華設備が目白押しなのだ。

 専用座席の開発には、JR東日本と車両メーカーの川崎重工業に加え、ドイツのシートメーカー・レカロ社が当たった。「今までにないプライベート感のある空間をつくった」と鉄道事業本部運輸車両部の遠藤知幸課長が話す通り、前の乗客が座席を倒しても空間が保たれるのは快適だ。

 はやぶさ導入時の運転本数は、東京―新青森間1日2往復と東京―仙台間1往復のみ。つまりグランクラスは1日に片道54席しかない。上乗せ料金は未発表だが、ビジネスマンやシニアを中心とした行楽客など、幅広い乗客の間で争奪戦が繰り広げられそうだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101025-00000006-trendy-ind


私ははやぶさの車体が好きです。

早く乗りたいな~



タグ:はやぶさ

グランクラス画像

新幹線に「超」グリーン車…アテンダントも

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101116-00000232-yom-soci


新幹線の新たな最上位車両「グランクラス」の座席が決まり、JR東日本が15日、公開した。

 来年3月5日から東北新幹線を走る「はやぶさ」の先頭10号車で営業を始める。

 この座席は電動式で、幅52センチ(グリーン車47・5センチ)、リクライニング45度(同31度)など、グリーン車よりゆったり。1列に、通路を挟む1席と2席配置で、2席側もひじ掛けを広くして各席の独立性を高めた。

 出入り口は運転席寄りだけ、9号車との境にサービス準備室を設けて他車両からの通行を限るなど、プライバシー確保にも配慮したという。

 また、専任で接客にあたるアテンダントが乗務し、沿線の食材を取り入れた軽食や飲料を提供する。

 一方、グランクラス料金が新たに設定され、盛岡から東京は、運賃・特急料金込み2万2830円で、普通車より8490円、グリーン車より5000円高い。仙台までは1万2980円。


いつか、乗りたいと思っていた飛行機のファーストクラス!!

でも 新幹線で一足先にファーストクラスが体感できそうだ。




★青森★泊ってよかった宿泊施設(ホテル・温泉)ランキング★



★東北旅行ガイド(東北旅行に役立つ情報満載)★


前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。